2015年09月13日

辛かった8月A(さくらのこと)そして緑内障との闘い

2015年8月〜9月

前回はるいがお家を飛び出したことを書かせていただきましたが、次はさくらです。

さくらは2011年3月11日に発生した東日本大震災そして福島第二原子力発電所事故により、その周辺地域から避難を余儀なくされた葛尾村の避難犬です。
大震災の約ひと月半後にボランティアの方が葛尾村でさまよっていたさくらを保護していただき、福島市に造られたシェルターからお預りしました。
お家に来てから、直ぐに乳線腫が見つかり同年7月に三か所の切除手術を実施しました。

被災してから、飼い主さんとの辛い別れ、そして乳腺腫の手術と試練を克服してきましたが、その4年半後に緑内障が発症。現在第三の試練と闘っている最中です。

実はさくらは今年5月の健康診断による血液検査で、胆嚢・肝機能の数値が適正値からかなり上昇していたので、薬をいただいて数値を下げていましたが、8月に乳腺炎(乳房一か所)になってしまい、注射器で膿をとるとともに抗生物質で治癒させたところでした。
そして、8月27日の木曜日の夜に家族で食卓を囲んでいたところ、突然さくらの右目が明かなくなり苦しみだしました。

原因不明で行きつけのアイリー動物病院の臼井院長先生に連絡、翌日朝一番で院長先生に診察していただいたところ、目に異常があるとのことで、宇都宮市にある眼科専門の田村動物病院を紹介いただき、クルマで急行しました。
田村動物病院は、「宇都宮どうぶつ眼科センター」が併設されており、田村院長先生は眼科の専門医で最新の医療機器が揃えてあるところです。
院長先生の診断では右目に緑内障が発症したとのこと。眼圧は正常値の8倍の80(通常は10台程度)となっておりほとんど見えていない状態のことでした。

緑内障は目の中の眼房水が溜まりすぎて排出できず(排出できないことが病気の根源)、眼圧が高くなった結果、目に激痛が起こり視覚障害を起こす病気です。特に柴犬は遺伝的になりやすととされていて、疾患すると治療による回復が困難とされる恐ろしい病気です。
今まで眼圧など目の検診をしていなかったことが、とても悔やまれます。特に柴犬を買われている方は、定期的な目のチェックを怠らないようにしてくださいね。

その日は、目薬の連続投薬で眼圧を下げ痛みは和らいだ様子。自宅で点眼する眼圧を下げる右目用の目薬と、左目の眼圧を上げないようする左目用の目薬をいただきました。
その日のさくらはご飯もペロリと平らげかなり落ち着いていました。

翌土曜日も田村動物病院で再診察。昨日の治療後と同じく眼圧はかなり下がっていますが、右目はほとんど反応なし。この日は緑内障が怖い病気と思い知らされたので、るいも両眼のチェックをしていただきました。幸いるいは眼底検査、眼圧検査などいろいろ検査していただいた結果、特に異常はないとのことでした。

さくらは月曜日も、再度田村動物病院で検査。今度は左目が若干眼圧が上がっているとのことで、左目の目薬を変更。右目の眼圧は10台で推移しまずまずの経過でした。

火曜日〜木曜日は家で点眼で対応していましたが、9月に入って最初の金曜日の夜にさくらの様子が変化。また右目の眼圧が上昇して目を圧迫し始めたようで、夜も座り切りで横になれないほどになってしまいました。

9月5日土曜日朝一番で田村動物病院にかけつけると、右目の眼圧が60台に急上昇。先生からは緑内障が進行中で、薬では抑えられなくなったので、眼房水の水を注射器で水抜きする方法で対処することにしました。その方法は目に部分麻酔をかけて眼球に注射器を挿入し、水を抜いていただきました。注射器のカプセルには抜いた水がたくさんた溜まっていて声もでなくなりました。水を抜いた後の眼圧は10を切るほど一気に下がりました。左目の眼圧も10台で上昇は見られず一安心でした。

その週は何事もないことを祈って、翌月曜日に再検診。特に眼圧の変化は無かったのですが、水曜日の夜からさくらの右目が再度痛み出した様子なので翌木曜日に病院で診察してもらうことにしました。前回より痛みのサイクルが短くなったことに大きな衝撃を受け、夜はさくらとともに眠れない夜を過ごしました。

翌日の9月10日木曜日といえば、台風17号と18号に挟まれた線上降雨帯が連続的に栃木県、茨城県を通過し、50年に1回あるかないかの記録的な大雨が降り続いていた日で、栃木県、茨城県に大雨特別警戒が出た日でした。

木曜日の朝に田村動物病院に向かう途中、大雨の影響で地元壬生町を流れる姿川が氾濫警戒水位まで上昇し、病院のある宇都宮市に行く橋は通行止めで付近の道は大渋滞。焦る気持ちを抑えながら鹿沼市方面に大迂回してようやく病院に到着。早速診察してもらうと、右目の眼圧が再び70〜80まで急上昇。先週右目の水を抜いたばかりなのにと大きなショックと落胆を感じながら、応急の処置として再度注射器で水抜きしてもらいましたが、もう緑内障の症状からくる痛みを無くすための残された道は強膜内シリコン義眼挿入手術しかありませんでした。

強膜内シリコン義眼挿入手術は,眼球の最も外層の強膜と角膜を残し,中身の水晶体、硝子体、網膜、脈絡膜などを摘出し、その後シリコンでできた球を挿入するもので、最後に残された手段として、さくらの右目と引き換えに緑内障との相打ちしかありません。

田村院長先生から何とか左目は温存しましょうと慰められるとともに、手術は全身麻酔が必要なのでリスクがあるとのことで、行きつけのアイリー動物病院で麻酔に耐えられるか診察してほしいとのことで紹介状を書いていただき、またまた大迂回して家のそばのアイリー動物病院の臼井院長先生に人間ドッグなみに血液検査、心電図、エコー検査などを実施していただいた結果、全身麻酔は大丈夫との結果が出、翌日の金曜日の夜に手術をすることになりました。

9月11日は、さくらが被災した東日本大震災からちょうど4年半の日。その日の夕方、何かの因縁を感じながらすがるような思いで、田村院長先生に預けてまいりました。さくらはいつもと違う雰囲気に気づいたのでしょう、院長先生から手術の詳細を聞いて、さくらが診察室の奥に連れていかれる時には、ドア越しにキュンキュン大泣きしている声が聞こえ、ごめんねさくら、ごめんねさくらと心で叫びながら涙が溢れてしまいました。

手術の結果は、病院から知らせてくれるとのことで、夕ご飯も喉をとおらずどきどきながら連絡を待っていましたが、夜10時過ぎに病院から電話をいただき、「手術は成功して、麻酔からも目を覚ましました。」とのこと。病院にお礼を述べて、家族全員で安堵しました。

そして、12日土曜日、さくらを帰宅させるのは週明けと言われていましたが、病院から朝8時頃に電話があり、麻酔から目をさました後、さくらは家に帰りたくて大騒ぎしているとのことで、院長先生が自宅で術後の療養をしたほうがよいと判断され、引き取りに病院に行ってきました。

病院でエリザベスカラーをまとったさくらは何が何だかわからない様子でパニック状態でした。手術を理解できないさくらにとっては麻酔が切れた後の痛みに加え、病院で一夜を明かした寂しさとショックが大きかったのでしょう。
本当にさくら、ごめんね。許してね。

さくらのエリザベスカラーがとれるのは約2週間とのこと。抜糸もそのくらいの時になるでしょう。その間は手術した右目が化膿しないようにすることと、左目の緑内障予防の点眼を欠かさないことが重要です。

帰宅した土曜日は痛みから息が荒くなることがしばしばありましたが、お薬を入れた夕ご飯はちゃんと食べられました。今日日曜日は随分を落ち着いてきて、すやすやと眠れるようになりましたが、点眼がかなりしみるようです。

これからさくらの回復を待つばかりですが、心配は左目。緑内障は発生率がかなり高い病気なので、十分注意しながらさくら、そしてるいとも暮らしていきたいと思います。

当ブログに遊びに来ていただいた方には、駄文で長いご報告になりましたが、お読みいただきましてまことにありがとうございました。

↓にお世話になった、田村動物病院とアイリー動物病院、さくらの様子を紹介いたします。

☆田村動物病院 栃木県宇都宮市
http://tamura-animal-hospital.com/

☆アイリー動物病院 栃木県壬生町
http://www.irie-ac.com/

☆さくらの緑内障との闘病中の写真
◆カフェのような右目の手術を行った田村動物病院(宇都宮どうぶつ眼科センター)
2015-09-05 08.22.49.jpg

◆田村動物病院に通院するさくら
2015-09-05 08.23.41.jpg

◆さくらの家での点眼記録の一部とお薬の数々。
IMG_3314.jpg

IMG_3312.jpg

◆さくら手術する日(夜に手術実施)の前に大好きな近くのわんぱく公園でるいといっしょに、ゆっくりとお散歩。
IMG_3275.jpg

IMG_3277.jpg

さくらがお家に来たときも最初のお散歩がわんぱく公園だったね。
IMG_3279.jpg

IMG_3283.jpg

IMG_3288.jpg

◆手術の翌日、お家に帰ってきて安心して眠るさくら。
IMG_3301.jpg

エリザベスカラーが鬱陶しいけどキズがなるまで我慢してね。
IMG_3298.jpg

やっぱり大好きなパパのふとんの上で寝るのが一番。
IMG_3306.jpg

るいもさくらのこと心配そう。
IMG_3264.jpg

ニックネーム るい☆さくら at 23:04| Comment(10) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

辛かった8月@(るいのこと)

今年の8月はるい、さくらにとって試練の月でした。
これまでブログには掲載しませんでしたが、るい☆さくらのところに遊びにきていただいているわんちゃんと暮らしている方々の参考になればと思ってお知らせいたします。

◆まず、るいから。
8月7日金曜日、夕方にるいが家から脱走。
庭にいたるいが、遠くから響いた雷の音に怯えて家の囲いの隙間から逃げ出してしまいました。

その夜の間、家族4人で付近を捜索しましたが行方しれず。
翌日土曜日も早朝から探しましたが、以前見つからず。すがる思いで交番や動物愛護センター、壬生町の保健所に連絡。さらに、るいの写真入りチラシをパソコンで作成し、付近のコンビニや和菓子屋さん、動物病院、警察署に置いてただくとともに、付近の電柱に貼ったり(東電さんごめんなさい。)、シャンプーの行きつけのナカツカさんのフェイスブックにUPしていただきました。

土曜日朝一番に動物愛護センターに連絡してから直ぐに、家から20Km以上も離れた宇都宮市の家に男の子の柴犬がいると連絡があり、行ってみると残念ながらるいではありませんでした。(その子の行く末も心配でしたが、保護した所管の保健所のHPには掲載されていなかったので飼い主さんが探し当てたようです。)

一番怖いのは自動車事故なので最悪の事態を想像すると頭が真っ白に。近所の道にはそれらしきものがないので、望みを捨てずに引き続き家族で捜索。
夕方になってママは新聞を入れている新聞店に配達員さんが見かけなかったかどうか聞きに伺いました。

ママが新聞店に行っている間に、自宅(パパが受け)に、お世話になっている近くのアイリー動物病院から電話が入り、柴犬の男の子が、るい家から直線で200mくらいにある介護サービスの壬生ケアーズさんにいるとのこと。
直ぐにパパとお姉ちゃんが壬生ケアーズさんに駆けつけると、るいが親切な女性の介護士さんに付き添われていました。るいはもちろん全身で大喜び☆彡
こんなに近くにいるとは、まさに灯台下暗しですね。この日の朝もここを捜したのですが、その時はたまたまよそに行っていたのでしょうね。

介護士さんによると、昨晩から職員の通用口のベンチのところにいて、職員さんが通るたびに中に入りたかった様子。るいとしては人の気配があるのでずっとそこにいたようです。
家族全員で大喜びしましたが、一方で散歩コースのひとつなのでなんでこんな近くから帰ってこなかったのか不思議でした。ま〜下手に動いて交通事故にならなくて良かったけど。

介護士さんは、真夏だったので脱水症状にならないように昨日から水を与えたり、おやつを買ってくたりしてとても親切にしていただきました。そして土曜日の夕方になって日曜日はセンターが休館になるので、お友達の方とどうしようか思案した結果、近所の子だと思ってアイリー動物病院に連絡いただいたとのこと。

センターの方とアイリーさんには丁重にお礼をして、これまで連絡したところに見つかった旨を再度連絡するとともに家族総出で電柱から貼り紙を撤去。
和菓子屋さんナカツカさん、新聞店、警察署の方はじめご迷惑をかけた皆さんには、心から喜んでいただき、皆さんの温かい心にふれて涙がでてきました。 

もちろん庭も隙間をなくすようにフェンスを強化しました。

改めまして、るいのことでご多忙にもかかわらず、親切に親身になってご対応いただきました皆様に御礼申し上げます。

反省点としては、庭に抜け出られる隙間があったことはもちろんですが、家の中にいつので首輪をしていなかったこと。さっそく名前と連絡先の入った首輪を購入しました。

和菓子屋さんが置いてくれたるいのチラシ(小さくて見えませんが、テーブル中央に立てかけてくれました。)と電柱に貼ったチラシ。
2015-08-08 17.30.17.jpg

2015-08-08 18.00.45.jpg

こんなに大騒ぎしたのに無邪気にティッシュで遊ぶるい。
1441539345935.jpg

外出時はちゃんと首輪をするようにしました。
1441539407294.jpg

翌日の日曜日の朝にるいとさくらでわんぱく公園を散歩した時、後ろ左足を痛めたらしく地面に着けない様子。
帰ってきて直ぐにアイリー動物病院で診察してもらいましたが、特に問題がないとのことで、るいの足もいつの間にか戻っていましたが、念のためお薬を処方していただきました。

以上8月のるいの出来事でした。

次回はさくらです。さくらは5月の血液検診で胆嚢、肝機能とコルステロールの値が異常値となって処方箋を出していただき正常値に戻ってきたと思ったら、8月末に乳腺炎、そして緑内障を発症してしまいました。乳腺炎は抗生剤で回復、緑内障は現在闘病中ですが詳しい様子は次回に掲載いたします。さくらは頑張っていますよ!

ニックネーム るい☆さくら at 22:38| Comment(12) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする