2015年05月30日

下野市天平の丘公園&下野国分寺跡

2015年5月10日(日)晴れ

この日のお散歩は下野市天平の丘公園です。
最初に天平の大鍋の前で。秋になると関東一(直径2.5m)のこの大鍋で作る「天平の芋煮会」が行われ、地元特産のかんぴょう入り芋汁3000食が用意されるとのことです。
IMG_2093.jpg

IMG_2095.jpg

太陽の光が降りそそいで眩しい朝です。
IMG_2098.jpg

木陰は涼しくてホッとしますね。
IMG_2099.jpg

IMG_2101.jpg

IMG_2102.jpg

後ろに見える古墳のような山が、国見山です。
IMG_2105.jpg

この後、下野国分寺跡までお散歩。
IMG_2107.jpg

下野国分寺跡は、奈良時代の天平13年(741年)、聖武天皇の詔によって全国60数か所に建てられた国立の寺院のひとつです。
全国の総国分寺である奈良の東大寺と同じ形式(東大寺式)で、南北一直線上に南から、南大門、中門、金堂、講堂が並び、中門と金堂は回廊によってつながれています。
IMG_2108.jpg

IMG_2109.jpg

とても歴史がある下野国分寺跡を一回りしました。
IMG_2112.jpg

ニックネーム るい☆さくら at 22:26| Comment(4) | 下野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ここは旧国分寺町でしょうか。しばらく行ってないです。。。
 天平の芋煮会で3000食ですか。大きな鍋ですね(笑)。
 下野国分寺跡。なるほど〜と思いながら拝読しました。
 以前は県内でも氏家町、喜連川町、国分寺町、田沼町・・・歴史ある町名が多かったなあと思います。
 るい君、さくらちゃんと下野国分寺跡を一回りしたら懐かしく思いました。
Posted by 愛パパ at 2015年05月30日 23:41
へぇー 東大寺と同じ造りなのですか!
(と言っても、もう何十年も入ってないですが)

やっぱり敷地もかなり広いのでしょうねぇ。

いつも、かなりの散歩をされてるの感心してしまいます。
暑くなってから、ボクは一番にバテるのに… (^_^ゞ
Posted by ごま at 2015年05月31日 01:02
★愛パパ さま

当たりです。以前は国分寺町でしたね。芋煮会には行ったことがないのですが大きな鉄鍋でした!
そうですよね〜、愛パパさんのコメントの町はみんな由緒があるみたいで、その名がなくなるのは寂しいですよね。
千年以上も前にこの地に立派な建物が建立されていたのって不思議な感じです。今はただの雑木林なのね〜。この場所にも柴犬が飼われていたのかなってちょっぴり思いを馳せました。
Posted by るいママ at 2015年05月31日 12:27
★ごま さま

関西の東大寺がおおもとなので、大きさは随分と小さいでしょうが真似て造ったのでしょうね。
敷地はそんなに広くなくコンパクトです。

土日は毎日のお散歩の延長線上で、目的地までの距離があるのでクルマを使っているだけですよ。
移動中はエアコンがあるのと、炎天下を避けて朝と夕方に絞って、なるべくバテないようにしています。
Posted by るいママ at 2015年05月31日 13:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。