2016年08月11日

さくらの故郷福島県葛尾村へ(2016.3月)

2016年8月11日(木)山の日

今日は“山の日”で休日ですが、この日からお盆休みに入られた方もたくさんいることでしょう。
前のブログではさくらの眼が緑内障で不自由になってしまったことをお伝えしましたが、まだ片方の目が見えていた半年前のことをお伝えいたします。

さくらは5年半前の東日本大震災により、福島県の葛尾村からNPO法人犬猫みなしご救援隊の方に保護され、るい家に来ました。
さくらには一度、故郷を見せてあげたいと思っていましたが、昨年9月に片方の眼を緑内障で失ってから、もうひとつの眼の再発の可能性が高いことから、故郷を自分の眼で見られるうちにと、今年3月に思いきって福島県までお出掛けしました。

現在葛尾村は全村避難が続いており、村民の方々は当出張所のお隣にある仮設住宅団地をはじめ県内外で苦労されながらの生活を強いられてます。  
                    
震災から5年ぶりにふるさとに帰ったさくらですが、まだ葛尾村には入れない状況です。でも役場の方に可愛がっていただきました☆ ありがとうございました。
村民の方々が一日も早く震災以前の平穏な生活に戻ることを祈るばかりです。さくらはふるさとの空気を懐かしく思ったことでしょう。

天皇皇后両陛下もつい数日前に三春出張所へ行幸啓され被災された方々とご懇談され元気づけられたそうです。
役場の方にはさくらの写真を渡して、以前の飼い主さんが分かったら、飼い主さんに会いにまたこの地に訪れたい思います。

IMG_4190.jpg

役場を後にして、近くにある三春湖でお散歩しました。
IMG_4213.jpg

IMG_4199.jpg

IMG_4207.jpg

IMG_4206.jpg

IMG_4209.jpg

こちらの写真は、行きの東北自動車道那須SAで。
IMG_4169.jpg

三春ダムに寄った後は、同じ三春町にある豆腐工場直販店の「大畑屋食品」さん直営の「TO-FU Cafe おおはたや」でランチ。(るい・さくらはクルマで待機してもらいました。でも真夏時では無理ですね。)
新鮮で濃厚なお豆腐や豆乳を使ったお料理がヘルシーでとても美味しかったです。併設の直販店でも手づくりの豆腐、一枚一枚手揚げの三春三角油揚などの大豆を使った商品を大量に買っていかれるお客さんがひっきりなしに来店していました。中心街からかなりはなれた場所にあるお店ですが、丁寧に作った美味しいものを販売していれば立地条件は悪くてもたくさんのお客様を呼ぶことができるのですね。
IMG_20160320_144449.jpg

IMG_20160320_141022.jpg

IMG_20160320_141056.jpg

IMG_20160320_141121.jpg

IMG_20160320_142923.jpg

【東北地方の最新記事】
ニックネーム るい☆さくら at 23:55| Comment(0) | 東北地方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。